最後に、今回は東北エリアに関する特徴として、青森を代表として、出産内祝いに関連する情報などをご紹介してまいりたいと思います。

東北エリアに関する特徴として、青森の特徴

まず、出産内祝いに使用するのし紙に関しては、「内祝 赤ちゃんの名前」とふりがなを付ける形で記入を行います。

内祝いの時期に関しては、このエリアでも同様に生後一ヶ月頃を目安としていますが、体調などのこともありますので、あまり急く必要自体はありません。

お返しに必要な予算も、他の地域と同じ様に大体半額程度を目安にするのがいいでしょう。

青森県でのお七夜は、まず命名軸を用意します。

そこに「命名 赤ちゃんの名前」と記入し、ふりがな、左側に生年月日を記載し、この命名軸を床の間、あるいは仏壇や神棚、赤ちゃんの枕元に掛けるようです。

パパとママのご両親をこの際に呼んでもかまいませんが、その場合には簡単な食事等を振る舞うのがいいでしょう。



お宮参りに関しては、正式には男の子の場合生後31日目、女の子の場合は生後32日目としていますが、最近では生後100日目頃に行かれる方が増えているようです。

神社へのお礼は蝶結びの封筒に「御初穂料 パパのフルネーム」と書きます。お礼の金額に関しては、5000円、あるいは10000円程度を包まれる方が多いようですね。

お礼の金額が5000円又は10000円包まれる方が多いです。

また、お宮参りの際には、赤ちゃんをだっこするのはパパのお母さんの役目とされています。

以上、東北エリアを代表して同県の情報をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

基本的な部分はどの地域もあまり変わらないことが多いものですが、やはり中には大きく違う場所もあるものです。

もし違う地域の方に内祝いを行う場合には、できるだけその地域の風習等を事前に確認しておくことが、一番のマナーなのではないかなと思います。