出産内祝いに関する、地域毎の特徴をご紹介しておりますが、今回は関東エリアを代表して、東京に関する情報をご紹介したいと思います。

関東エリアを代表して東京に関する情報

まず、こちらでは内祝いに関してのし紙には内祝という文字と、赤ちゃんの名前、ふりがなを付けることとします。

内祝いの時期に関しては、一般的な生後一ヶ月頃ですが、特に急ぐ必要もありません。

その際に必要な予算自体は目安として、いただいたお祝いのお品物の半額、半返し程度とするのが一般的と言えるでしょう。

この地域ではお七夜を略式でする方が多いようです。

奉書紙に「命名 赤ちゃんの名前 生年月日」とを記入します。

そして、これを本来であれば、仏壇や神棚、床の間といったところに飾るようなものなのですが、最近ではリビングの西側の壁や、赤ちゃんの枕元に貼りつけるといった風習が根付いてきています。

あた本来は生後7日目頃に行いますが、あまり細かく気にする方はいらっしゃらないようです。



お宮参りに関しては、男の子であれば生後31日目、女の子であれば32日目頃に行います。

その際、神社へのお礼の金額は5000円あるいは10000円を包まれる方が多いようです。

また、お宮参りのときには、赤ちゃんを抱くのはパパのお母さんのお役目とされています。

東京エリアに関しては、このように本来の意味合いからみて大きな特徴はないと言えるでしょう。