出産内祝いに関する地域毎の特徴として、今回の記事では関西エリアを代表する大阪の特徴についてご紹介してまいりたいと思います。

関西エリアを代表する大阪の特徴

まず、出産内祝いののし紙には一般的な場合と同じく内祝いという言葉と、赤ちゃんの名前、そしてふりがなも一緒につけます。

内祝いをする時期に関しても、同様に生後一ヶ月頃、つまりお宮参りの時期と同じ頃行うようです。

その際に必要とされるお返しの予算ですが、いただいたものの半額程度とされる方が非常に多い印象です。

お七夜に関しては、生後7日目に行うのが一般的ですが、最近では赤ちゃんの状態やママの体調などが落ち着いてから行う方が多いようです。

また、その際には両家の両親を招いて、お膳にてお祝いをするという大阪ならではの風習が根付いています。



他県からいらっしゃっている場合には、その件の風習で行うようにするのだとか。

この地域でのお宮参り自体は、他の地域と同様に生後31−32日目頃に行うのですが、神社へにお礼の金額では5000円程度を包まれる方が多いそう。

また、神社によってはあらかじめ金額が決まっている場所もあるので、事前に問い合わせをした方が良さそうです。

全体的には、他の地域と比較して大きな変化というほどのものはありませんので、マナーを著しく誤るといったことは起きにくいのではないでしょうか。